贈られて嬉しい出産内祝いのプレゼント

赤ちゃんが誕生すると色々な方から出産祝いを頂くことになります。これにお返しという形で贈るものが出産内祝いです。きちんとのしを付けて、赤ちゃんの名前をお披露目するという意味もあるので、忘れずに用意するようにしましょう。出産後は赤ちゃんのお世話などで忙しくなりますが、少なくとも生後一か月のお宮参りまでにお返しをするのがマナー。直接手渡しできない場合でも、お礼の電話やメッセージなどで感謝を伝えることが必要です。どんなものを選んだらいいかは、頭を悩ませる問題ですが、今ではたくさんの情報やサイトがあるので、出産前から目星をつけておくとスムーズに用意することができます。頂いたものの3分の1の価格のものを目安に品物を選ぶことが必要なので、見切り発車は避けて、リストアップしながら購入の手続きをしましょう。

贈り物の基礎は相手の気持ちになって考えること

出産内祝いの定番といえばお菓子やジュースなどの食べ物、いわゆる消えものと呼ばれる種類のギフトです。小物や置物などは趣味が分かれ、使われないものは無駄になるだけなので、特にこだわりの強い人には避けた方が無難といえます。食べ物にも好みはありますが、奇抜なものを選ばなければさほど心配する必要はありません。注意したいのは賞味期限が短いものや、贈る相手にとってありふれた物です。産地の人に産地のものを届けるといったおかしなことをしてしまわないように注意しましょう。贈り物の基礎は相手のことを考えて品物を選ぶことです。期間が限られてさらに数が多くなるとそんな余裕もなくなってしまうかもしれませんが、大事なことなので後で恥ずかしい思いをしないためにも確認しておきましょう。

贈られて嬉しいものは自分も嬉しい

贈り物をするときには自分が欲しいものを贈ってみる、というのも一つの方法です。自分が好きなもの、おすすめしたいもの、興味があるものを中心に選ぶと出産内祝い選びも捗ります。せっかくのギフトなので、量や大きさだけではなく、質や高級感で選ぶようにすると失敗がありません。自分ではなかなか手が出ないけれど、ぜひ味わってほしい、使ってほしい、というアイテムを贈ることで気持ちが伝わります。例えばタオルやハンカチは定番の品です。かわいいデザインや枚数も大事ですが、高級で高品質のタオル一枚の方が喜ばれる可能性があります。上質なものというのは量ではありません。そこで、子供かわいさから名入れしたりしてしまうと、使う気がうせてしまうといったことにもなりますので、贈る相手に合わせて配慮した方が良いでしょう。