こんな出産内祝いは正直困ったというもの

出産してからたくさんのお祝いをもらうことも多いと思います。よく使うおむつなどの消耗品や、少し贅沢なブランドの洋服だったり、肌着など様々だと思います。時にはベビーカーなどの大きめのギフトをくれる方もいらっしゃいます。そして、お返しをするのにとても迷う人は多いです。一人一人、個別に返すのもいいですが、みなさんプレゼントしたのはおめでとう、お母さんも赤ちゃんも元気で出産を終えられてよかったと、これからの活躍と健やかなる成長を期待したプレゼントです。なので、赤ちゃんの名前を添えることもとても重要です。ただ、プレゼントをくれた方が多いと、一人一人へのお返しを考えるのも子育てで忙しい中大変だと思います。出来るだけ万人に受ける、また自分本位にならないような出産内祝いを考えることが必要です。

内祝いでもらって正直困るお返し

出産内祝いでもらって困る物をお返しししてしまうことも多々あります。自分本位になってしまったり、相手の状況に合わせなかったり。なかなか子育ての忙しい中ですが、いくつか避けるべき物があります。名前を入れた方がいいのですが、写真や名前が入った食べ物や食器などは避ける方がいいでしょう。もらった時に、食べ物だったとすると食べにくいです。また、食器も自分の子供や家族なら構わないですが、友人や知人、または会社の人だと尚更使いづらいです。お菓子などを送る方も多いですが、賞味期限が近い物などは避ける方がいいです。そして、自分の好みだけで選んだ雑貨なども避ける方がいいです。相手がどんな物があったら困らないかをしっかり考えて検討する必要があります。また、送ったものよりも高価なものを内祝いとするのも避けます。金額に差があるのであれば、少しランクをつけることもいいです。

出産内祝いでもらってうれしいお返し

内祝いの金額の目安としては大体3分の1程度です。お返しをしない人も増えていますが、常識としては金額の高い低いに関係なく送る必要があります。気持ちを受け取って返すことは常識です。名前をしっかり覚えてもらうために名前を入れます。プレゼント自体にではなく、のし紙か小さなカードを添えて名前を入れます。それだけでも、お祝いをした甲斐があったと相手方は思います。もらってうれしい物は、タオルなどの日用品ただし派手でなく家にあっても不自然ではないものがいいでしょう。わからない方は、ギフト券などはわかりやすいですが、目上の方には金券は避けその方の好みのものを内祝いとして送るのが最適です。結婚式の引き出物と一緒でカタログギフトも増えて居ます。デパートに入っている、お菓子のお店でも内祝い専用のかわいいお菓子などもあるので調べてみるといいです。